協会概要
トップページ > 協会概要

理事長あいさつ

 平素より当協会運営に関しまして、各官公署を始め関係各位には格別なご高配を賜りまして厚く御礼申し上げます。

 令和元年5月31日に開催された第34回定時社員総会において役員改選が行われ、理事長に選任されました。今後、新しい役員体制で一丸となって会務に臨みたいと思っております。

 当協会は昭和60年設立以来、管内官公署等から公共事業の推進に伴う登記事務の委託を受け、登記行政の真正と円滑化に貢献してきました。また、平成25年には公益社団法人に移行し、今日まで法令遵守はもちろんのこと、内部統治機構の確立、受託体制や規則・規程等の整備などを進めてまいりました。徐々にではありますが、その成果はまとまりつつあると思います。しかし、協会を取り巻く環境の変化への対応など、例えば、発注者の諸条件が付された業務に対する処理対応、体制の整備、社員の技術水準の向上など取り組む課題は山積しております。時間がかかるものもありますが、諸問題を着実に解決していくことが組織の機能充実と協会の総合的な評価につながるものと信じております。

 当協会が、各官公署から業務に関して信頼と安心を得られるよう努力を重ねていく所存でございますので、今後ともご指導・ご鞭撻を頂けますようお願い申し上げます。


協会概要

名称 公益社団法人 札幌公共嘱託登記土地家屋調査士協会
理事長 阿部 和義
設立 昭和60年 6月28日法律第86号
昭和60年12月12日設立許可
目的 公共事業に伴う不動産の表示に関する登記に必要な調査・測量の嘱託手続きの受託処理を専門とする公益法人
所在地

〒064-0804
札幌市中央区南4条西6丁目8番地 晴ればれビル8F

(地下鉄南北線すすきの駅から西へ徒歩5分)

決算日 3月31日
組織 全国公共嘱託登記土地家屋調査士協会連絡協議会(全公連)
北海道ブロック公共嘱託登記土地家屋調査士協会連絡協議会(北公連)

交通アクセス